« フィルムの現像 | トップページ | 『ファインプリントテクニック』 写真工業別冊 »

2009/02/28

MAMIYA RB67 Professional S

このカメラはある日突然うちに来た。カメラ店に転がってたので聞いて見たら、保証するの面倒だからジャンク扱いで3000円でいいよってことだった。早速ヤフオクでセコール180mmを6000円で、中間リングを2000円ぐらいで入手したのでした。あとでセコール65mmも6000円ぐらいで入手しました。

6×7のブローニー判の階調の美しさというのは驚くばかりで、ネガだけでも感動してしまいます。モノクロプリントにおいては絶大な効果が期待できそうです。フィルムや薬品も粒状性を気にせずに選べるとなれば、さらに表現力を増すことができるかもしれません。

RBのレンズや周辺機器は充実していてネットオークションでは非常に安く入手できるので中判を体験するにはぴったりです。

最新のKLレンズでなくて、昔のセコールCレンズなら数千円です。モノクロの作品つくるなら、うんと高い35mm用の絶品レンズより数千円の中判レンズのほうが仕事してくれるかもしれません。

周辺機器も120フィルムホルダ(2000円程度)、シートフィルムホルダ(1000円ぐらい)、6×8判の電動式220フィルムホルダ(3000円程度)、ポラホルダ(フィルムが入手できないので値がつかない)とか、将来は体験できなくなりそうなこともRB67では安く楽しめそうです。

本格的に中判を始めるとなればKLレンズを揃えていくか、別のシステム(ハッセルとかPENTAX645あたり)を考えればいいかなと思っています。

Rb67

MAMIYA RB67 Professional S

シャッターをきったときの”バフーン”という音がかわいいです。
遠心摩擦ガバナーってのはこれなのかな。

|

« フィルムの現像 | トップページ | 『ファインプリントテクニック』 写真工業別冊 »

撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィルムの現像 | トップページ | 『ファインプリントテクニック』 写真工業別冊 »