ころんだ

2009/03/31

自動販売機の横に

最近はOMを持ち歩いてるので、自動販売機の横に咲いてるのを見つけてパシャ。

環境の悪いところに忘れ去られてるような花を見つけると、高山植物と似た親近感をもってしまいます。

0018

ついつい覆い焼きとか考えてしまうけれど、ほんとはストレートで焼けるような工夫が欲しい。やはりレフも持って歩かないと・・・。

| | コメント (0)

2009/03/13

撮影に!

今週の日曜日は久々に休めそう (^^♪

OM-3TiとRB67とそれらのレンズを総動員して、お出かけしようと思います。

高山植物はまだないので、デッサンとして手当たりしだい撮影してみようと思います。

さて、いろんなモノクロブログ見て回って、良いイメージをたくさんみてこよう。 ではでは!

016

Princess Masako と名づけられたバラのつぼみ。
皇太子妃の体調を映して元気になるといわれている。

美しかった雅子妃のご快癒をお祈りして。

| | コメント (0)

2009/03/09

ウスユキソウ

どうもヒメウスユキソウみたいなのだけど、なんだろう。ガクに雪のようなふかふかしたものがないように見える。

0015

白い花の部分を出そうとして茎の部分を覆い焼きするハメになったのだけど、クキの後ろ側に明るいボケをもってくるほかにも、なにかいい方法がないものか…

これも今年の課題にしておこう。なんとかなるさ。

| | コメント (0)

2009/02/23

作品について

モノクロ作品を作る手順は3段階で選んでいこうと思ってます。

A.大カビネ判:ネガから選んでRC用紙に自家プリント

B.四切作品:大カビネ判から選んでバライタ紙に自家プリント

C.全紙作品:四切小作品から選んで東京のレンタルラボでプリント

Aを増やして結果Bが増えないとCはメドたたないです。

たくさんのネガから選んでたくさんの大カビネ判をつくり、たくさんの大カビネ判から選んで四切作品をつくり、たくさんの四切作品から選んで納得いく全紙作品をつくるって方針で…

そうすると、とにかくネガをたくさん撮影しなければってことです。

Tsuwabuki

OM-3Ti Zuiko100mmF2 ACROSS100 伊豆虹の里のツワブキ

| | コメント (0)

2009/02/19

ふっかつ

この数年休みなく仕事に没頭しているうちに、ほとんどのひとは銀塩からデジタルに乗り換えてしまったらしい。

記録としての写真がデジタルに移行したぶん、銀塩写真を使う意味はかえって明確になったような気がする。

良いネガから上手にプリントされたモノクロプリントは美しいから、数百年もたつと、江戸の頃の”紅絵”や”錦絵”と同じように、”銀絵(かねえ)”とか呼ばれているかもしれない(笑)

それにしても焼いたばかりのときは「これは良いものができた!」と思っても、しばらくすると「やっぱだめだ~」になる。いつまでたってもその繰り返しで、なかなか進歩がない。

それで、まずは試行錯誤を記録したり、達人な先生方のホームページやブログへ足を伸ばす足がかりにブログを使おうということなのでした。

Jizo_4   

OM-3Ti ZUIKO90mmMacroF2 遠見尾根地蔵沼付近

| | コメント (0)